2014年6月25日水曜日

ソニー レンズカメラ DSC-QX100
去年発売されたソニーのレンズカメラDSC-QX100を購入しました。
仕事で使うカメラを探してたのもあって購入してみたのですが、形も形ですし、結構チャレンジした製品っぽいので半ば博打的な購入でした。

レンズカメラ DSC-QX100 レビュー


今回も拙い動画を置いておきます。大体の感じは分かるかと。

QX100の全体像


ソニー レンズカメラ DSC-QX100

下に三脚穴

ソニー レンズカメラ DSC-QX100

サイドにシャッターとズーム。ちなみにリングでも操作可能

ソニー レンズカメラ DSC-QX100

マイクロSDもサイドに。そこにマイクロUSBの取り付け口もあり。

ソニー レンズカメラ DSC-QX100

背面は携帯を挟めるアタッチメント的なヤツ

ソニー レンズカメラ DSC-QX100

それを外すとバッテリー

ソニー レンズカメラ DSC-QX100

後は横に小さなディスプレイがあって電池残が分かります。
でも、電池のみで画像とかは出ない。

スポンサーリンク


レンズカメラ QX100の感想


それなりに色々な人のレビューを参考にして買っていますが、やはり うーん・・・ って感じです。
凄く良い!!とは言えません。色々な人のレビューを参考にしてた時も悪い意見も結構多いし、良い意見もある。
正にそんな感じ。

良い点

良い点は、ミラーレス一眼とかよりはコンパクトだし、普通のハイエンドコンデジよりはコンパクト。ディスプレイが無いから当たり前ですが・・・・。
後はスマホで出来る操作は多いし、画像は本当に良い。アングルもかなり自由だから、それも良い点でしょう。

悪い点

基本無線である事。それが悪い点である気がします。ことある事に無線で本体とやり取りするので、作業が遅い。僕の場合、商品の写真を撮りたいので、スピードが欲しいのですがチョット遅いかなー。
最初に無線で繋げるのは然程苦痛では無いのですが、レビューを確認するのが遅いのが結構嫌です。
もう一つはホワイトバランスを白で取れない。今まで使ってたデジカメは白をベースにしてホワイトバランスが取れたんですが、コレはそれが出来ないんですね。一般的なホワイトバランスは取れるようなので大体は大丈夫なのでしょうが、ライトの明かりの色が揃ってない場所だとキツイ気がする。
とはいえ、いくらか撮ってみた感じ現物に近い色は全然出るから慣れかな?

参考までに簡単に撮った画像です。
ソニー レンズカメラ DSC-QX100 参考画像

ソニー レンズカメラ DSC-QX100 参考画像

ソニー レンズカメラ DSC-QX100 参考画像

ソニー レンズカメラ DSC-QX100 参考画像

ソニー レンズカメラ DSC-QX100 参考画像

ソニー レンズカメラ DSC-QX100 参考画像

ソニー レンズカメラ DSC-QX100 参考画像
下の3枚は夜7時くらいにフラッシュ無しで撮った画像です。というかフラッシュ無いし・・・。
それなりに暗かったですが、レンズが明るいからか結構綺麗です。
広角側はナカナカの感じかもです。

ついでに少し前にアップデートがあって、購入後すぐにバージョン上げたのでシャッタースピード優先モードが使えるようになって、動画が1920×1080(30p)で撮れる様になりました。

まとめ


写真撮るのが本当に好きで、新しい物も好きで、アングル等気にせず撮りたい人に良いカメラかも知れませんね。
それに、こーゆー新しい製品が出てくるのは面白いと思うし、個人的にはアイディア自体がかなり好き。だから、買ってみたわけですが。
ただ、さっと出してさっと撮るは無理ですから、決定的瞬間を撮りたい人には全く愛されないと思います。

僕個人としては使い続けるか非常に悩み中です。コンデジすら持ち歩くことが嫌いな僕にとってはこの大きさなら少しは持つ事も増えるでしょうし、仕事で使えなくも無い。けれども、ちょっと作業が遅いんですねよね・・・ やっぱり。
時と場合でUSBでスマホと繋いで、レビューの閲覧がストレスフリーになれば凄く良いのになー ってのが現在の気持ちです。

新品価格
¥43,240から
(2014/6/25 14:14時点)


ちなみにただコンパクトが良ければQX10のほうが良いかも。

新品価格
¥19,300から
(2014/6/25 14:15時点)


ただしスマホからの設定等が限定されるらしいし、QX100のがレンズが良いので僕としては最初から候補から外しましたが。

そんな感じです

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿