2014年6月23日月曜日


noindexの検証 その後
以前試そうと思って書いたnoindexの検証ですが、やり始めたのが4月でしたのでとりあえず現時点での結果です。

全てが充実しているサイトで無いと意味が無い?

コレは現時点で思った事なのですが、僕が持っている程度の弱小ドメインでは然程効果が無い気がしました。
と言うのも、ウェブマスターツールで見てみたトコロ、こんな感じなのです。
ウェブマスターツール
現時点では右肩上がりです。
ソレは、ワードプレスにブログを移して記事もそれ相応に書き続けている結果なのだと思います。

結局のトコロ、noindexの意味を感じ難い状態で試したのもあり分かり難い結果になったのだとは思いますが、テキストの薄い記事に対してnoindexを付ける行為はなんら意味が無い気がしました。

スポンサーリンク


noindexが意味無いと思う理由

前に何かで見た気がするのですが、グーグルはテキストが薄かろうが、画像のみだろうが、基本的にインデックスしようするらしい。文字数の長い短いに関わらず有意義であれば上位表示される的な事を書いてあった気がするんです。

そもそも、noindexを使う目的はテキストの薄い記事をインデックスさせない為じゃ無いし、テキストが薄い=ゴミブログでも無い気もする。
その辺はグーグルも分かった上でシステム構築している気がするんですよね。

その上毎回毎回500文字~1000文字を意識して書くのもシンドイし楽しくも無いですから、テキストが短い、長いに関わらず気にせず書く事に至りました。

きっと一日10000PVとかあるサイトは気にするべきなのかも知れませんが、普通に運営しているブログサイトなら細かい事気にしないでも、然程影響はしないのだと思います。

ただし、テキストofキングなのは間違い無い気もしますから、短文ばかりしか書いてなければやはりゴミブログになるのでしょう。
だって短文だけなのであればツイッターで良いのですから。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿